【薬剤師コラム】毛細血管ケアでアンチエイジング

本店漢方堂の池田です。
LINE公式アカウントのスタートをきっかけに薬剤師コラムを始めることになりました。
不定期的になりますが、みなさまの健幸につながる記事にしていきたいと思います。よろしくお願いします。今回はアンチエイジングと毛細血管がテーマです
アンチエイジングとは、「抗加齢」を意味する言葉です。
年齢を重ねることは誰にでも共通することですので逆らうことはできませんが、いつまでも若々しく、心と身体を維持し健康を保つために行動することはどなたでもできます。
今回、ご紹介したいのは近年重要視されている「毛細血管」ケアです。
私たちの体の中に張り巡らされている毛細血管は地球2周半ほどの長さがあるそうですが、40歳代を境に減りやすいといわれています。
毛細血管の役割は酸素と栄養を身体のすみずみまで送り届けることなので、毛細血管が減ると、身体のすみずみに栄養が行き渡らなくなるため細胞の老化が進み、シミ・シワなどのお肌のトラブルだけでなく臓器の機能低下にもつながります。
それではどのような毛細血管ケアをしていけばいいでしょうか。
ポイントは「血流を増やすこと」「血管を緩めること」です。日頃から十分な血流があると毛細血管の劣化を防ぎ、健康な毛細血管を生み出してくれます。また血液がしっかり流れる環境を整えることも大事です。

おすすめ毛細血管ケア

  • ふくらはぎを動かす(軽い散歩、その場でスキップ、かかとおとし運動)
    第2の心臓と呼ばれているふくらはぎのポンプ機能を強めることで、足の下から血液を戻す力を高める効果が期待できます。
  • 食事のときに野菜から食べる、よく噛む、大食いをしない
    食後の血糖値の上昇を防ぐことは、血管の劣化を防ぐことに役立ちます。
  • 質のよい睡眠とる
    副交感神経を優位にし、血管を緩める効果が期待できます。
    就寝の90分前に入浴することや2時間前にはご飯を済ますこと、寝る前にスマートフォンなどを見ないといったことで睡眠の質を高める効果が期待できます。

バランスの良い食事、規則正しい生活や軽い運動といった生活習慣も健康な毛細血管につながります。
健康サポート薬局に認定されている本店には毛細血管の状態を観察できるスコープや身体の糖化度(老化の指標)を測る測定器がありますので、毛細血管のことが気になるという方ぜひお気軽にスタッフにお声掛けください

毛細血管スコープ

爪の根本あたりを特別なカメラを使って撮影します。
毛細血管の形や血液の流れの状態をみることができます。

AGEs

糖化生成物(AGEs)という焦げつき物質の蓄積量を調べます。
老化度の指標を知ることができます。

また、4月の本店の健康サポートフェアは「血管とアンチエイジング」をテーマに開催しますのでぜひご参加ください。詳細は店頭またはLINE公式アカウントにてお知らせします。