小島薬局で働くある日の先輩

小島薬局で働くある日の先輩

調剤の1日 漢方の1日 在宅の1日

調剤の1日の流れ

調剤01

年間200以上の医療機関が出す
6,000ものさまざまな処方せんに対応しています。

調剤02

患者様とそのご家族の状況や思いを読み取る
コミュニケーション力が必要です。

調剤03

店舗の配置などの運営は、現場スタッフ全員と
話し合いながら工夫しています。

調剤04

医師が処方する漢方薬も含め、2,500ものアイテムを
扱う知識が求められます。

漢方の1日の流れ

漢方01

病気に悩む患者様ばかりでなく健康維持に漢方薬を
活用している方も訪れます。

漢方02

漢方薬の第一人者である社長のもと、スタッフ間での
意見交換も活発です。

漢方03

一般の処方せん薬と漢方薬の両面から
トータルに健康を支えることができます。

漢方04

調剤のスタッフから、処方せん漢方薬に関する
質問や相談を受けることも。

調剤の1日の流れ

在宅01

患者様一人ひとりの実状に合わせて
より良い服薬指導を考えます。

在宅02

今後は医療も在宅の時代。地域の訪問薬剤師の
草分けとして存在価値を高めます。

在宅03

地域のケアマネージャーなど他職種とチームを組んで
患者様を見守ります。

在宅04

調剤・漢方とも違う知識が必要となるため、
情報収集や勉強が欠かせません。